人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ガラススタジオと周辺
by azzurro G.S
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2024年 03月
2023年 11月
2023年 08月
2023年 07月
2022年 06月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2020年 11月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
お気に入りブログ
外部リンク
最新の記事
検索
最新のトラックバック
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2020年 11月 18日

うつわ特注品制作

うつわ特注品制作_c0212902_12121716.jpg
早いもので今年も二か月を切りましたが、どんな事があろうとも時間だけは進み続けますね。
せっかちかもしれませんが今年を少し振り返ってみますと、コロナ禍によるところもあり展覧会はいつもより回数は少なく、ギャラリーの方やお客さんにお会いする機会も減ってしまい、全体としてはおとなしい一年でしたが、今までにないようなお仕事もすこし舞い込んできた年でもありました。
うつわ特注品制作_c0212902_13251021.jpg
その中でもテーブルコーディネーターの方より、過去のお買い上げいただいた作品の再制作と共に、特注品のご依頼がございました。
ご本人にお会いせず、メールなどの打ち合わせのみでオーダーメイドの制作をお受けするというリスクは感じていましたが、結果としてご満足いただけたようでしたので、私としても安堵感と共に嬉しい気持ちにになったのもはや二か月前の事...
ようやくブログに書くことが出来ました。
うつわ特注品制作_c0212902_13280670.jpg
実はこの方とは別でオーダーメイドにて器をご依頼いただいたお客様がいらっしゃったのですが、こちらの方にはあまりご満足いくものではなかったとのお返事を頂戴しました。
正直なご感想をいただけたことに感謝しつつ、至らなかった反省点と共に今後の特注品制作の大きな課題を頂戴したかたちとになりました。

ご依頼いただくお客様のライフスタイルや、価値観、様々なセンスなどはSNSなどで少し拝見するくらいではなかなかわかりません。

はじめにご紹介したうつわのご依頼人の方は、ご本人が手掛けられた著書をお送りいただいたりした事で、短期でしたがどのようなライフスタイルを実践されているのかが私の貧弱な経験値ではありますが、少し理解できたように思って仕事を進めさせて頂きました。
あとになって、これはとても大切なことなんだと認識しました。
相手をできる限り理解する努力を惜しんではならないですね。

個展では自分のセンスをただただ信じて進んでけば良い(無論ギャラリーさんの事も考えた上での事)のですが、私の作るものを信用してもらったうえでのオーダーメイドとなるとそこに新たな要素が加わってきます。
今後はご依頼を鵜呑み状態で引き受けてしまうんではなく、リスクになる部分を時間をかけて紐解き、お会い出来ずとも今まで以上にご依頼主とのコミュニケ―ションを大切にしながら制作を進めていこうと思います。

そもそもインスタントなモノではないのですから、もっとじっくりと仕事をしなければいけませんね!


# by azz-yuki | 2020-11-18 14:25 | 日日